<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
苺のタルトは2/29(土) 苺のスウプは3/1(日)よりご用意いたします。

 

 

今年もやっと天気が安定してきて、イチゴの実りも

充実してまいりました。当店指定農家さんの苺の香り、糖度共に

とても良い安定した状態となっています。

 

 

そのような中、先週からご用意しております季節のデザート

「苺のタルト」ですが、分かり易く2/29(土)まで

今年も盛り付けを改めて見てみると苺の量が多くなっているような。。

(笑)

 

 

年々増えているようで、もはや全体的な割合は半分以上苺を食べる

という感じがします。盛り付けの時に香りがあまりにもいいので

ついつい勢いで量が多くなってしまうようです。

こちらは内田鋼一さんの錫白釉(デルフト釉)の大皿。春を予感する

爽やかな厚み且つ奥行きのある濃い白。リムの形状も色々ありますので、

どのようなお皿で出てくるかはお楽しみに。

 

 

そして問い合わせ多数いただいております「苺のスウプ」ですが

こちらも分かり易く3/1(日)からご用意いたします。

 

 

 

いつもながら14:30以降ですのでお間違え無いようによろしくお願い致します。

安藤雅信さんのピューターの器でご提供致します。

仕込みが果たして追いつくのか。。

 

又詳しくは追ってご報告致します。

 

 

苺は気候の暖かさを纏って順調に実ってくれているはずです。

 

 

 

 

 

 

今年の苺のタルトは2/15(土)からご用意いたします。

 

 

 

随分とブログの更新が遅れてしまいまして、因みに

2月の営業予定のご報告も抜けていたことが発覚。

 

本当に申し訳ございません。

定休日の木曜と金曜以外営業いたしておりますので

問題ないかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

あと、幾度とご報告はこちらのブログでいたしておりますが、

毎年、ご用意いたしておりますこの時期ならではのデザート

「苺のタルト」は2/15(土)14:30〜

からご用意いたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

こちらの画像、内田鋼一さんの「線刻黒釉プレート」250mm×250mm

に盛り付けたのものです。結構な迫力です。他にも内田さんならではの

加彩釉、プラチナ釉など大きく秀逸な器でご提供致しますのでそちらも

ご期待くださいね。

 

 

当店のタルトは最下層のボトムがタルトになっているという

だけで、厳密に言うとホワイトチョコチーズクリームと

カステラ、イチゴでその都度ミルフィーユのように重ね盛り

するケーキです。

 

 

 

苺も一切火を通さないフレッシュな農家さんから直送の

完熟苺を豪快に盛り付け致しますのでどうぞご期待ください。

 

 

最初はタルト上に丁寧にイチゴを積み上げていましたが、

今はもう崩れたフォルムがいいと勝手に思い込んで

豪快に盛り付けます。

それが当店らしいのかなあと。

 

 

2月中、わずか2週間ほどのデザートです。

是非。

 

 

 

 

 

 

イチゴのパフェからイチゴのタルトへのメニュー変更のタイミング。

 

 

標題の件ですが、先ほど当店指定イチゴ農家さんと物量

調整させていただきまして、イチゴのパフェは2/12(水)

までご用意させて頂く予定です。

 

 

 

そして2/15(土)からはイチゴのタルトとなります。

 

既に2月上旬にご予約を頂いているお客様は

どちらが御目当てかは存じませんがそのようなメニュー段取り

となりますのでどうかご了承下さい。

 

本当に果物のストックは難しいと痛感する次第であります。

何しろこちらがどんだけ頑張っても天候やその年独特の

生育具合で大きく先の物量見極めが困難なものですから。

 

色々と曖昧なご返答をして申し訳ございません。

ただいまシロイロストックヤードには数十〜数百パックの

イチゴがあり夢に出てきそうな様相あります。

 

でも桃と同じく香りがこの上なく幸せなので

たとえ夢に出てきても悪い気がしません(笑)

 

 

 

因みに、まだまだ仕込みが終りません。

 

 

 

好きなディテールのモノを使うという事。

ルーティンな仕事として毎朝、パンを焼くために、朝5:20に

起床し発酵の状態を確認、ガス抜きをするわけなのですが、

冬の朝は寒くて暗くて、大変なわけで。

 

そんな中、そっと静かに暖めてくれるのがストーブ。

 

 

灯油さえ入っていればすぐに火がついて、手をかざすと

丁寧に暖めて下さいます。

 

 

当店がオープンした際に買い求めたのは80年代のもの。

なぜなら防災の安全上、耐震計が付属している為でした。

ただ、この年代特有の樹脂の部分が入る為どうもディテールが

気に入らなくてやっぱりデザインの妥協は良くないと。

 

つい先日もっと古い年式の気に入ったものが見つかりましたので、

専門家のお客さんの元へとピットイン。

 

 

フルメンテナンスして届けてくださりました。

本当にいつもありがとうございます。

当店のストーブはいつも安心。最高の状態に

いつも定期的にメンテナンスしてくださっているからです。

 

 

 

アラジンにピコーウェアのケトルは当店おなじみのスタイル。

毎日使うものですから、やっぱり気に入ったディテールのモノを。

 

 

隣にはウェイティング用のタピオヴァーラのルッキのチェア。

 

 

先日京都のお客様がウェイティング中にこのルッキにも

とても喜んでくださったので。

飲食目的だけでなく、こういう店内の配した部分にまで、

目が向くお客様が来てくださって本当に素敵で、嬉しいことです。

本来カフェって、こういう部分が大事なのだと思います。

 

遠方からも本当にいつもありがとうございます。

しばらく不安定な天気が続いて肌寒い日が続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1/18(土)は臨時休業とさせて頂きます。

 

先日、事情がありまして急遽臨時休業のご報告を

させて頂きましたが、再度ご報告させて頂きます。

 

 

 

1/18(土)は臨時休業とさせて頂くこととなりましたので

どうかお間違いのないよう宜しくお願い致します。

 

勿論1/19(日)は通常営業させていただきますので

どうぞご検討よろしくお願い致します。

 

 

 

尚、お問合せ多数いただいております、苺パフェですが、

1月中は間違いなくご提供できると思います。

 

 

昨年の感じからするとおそらく2月の中旬まで苺パフェ

中旬以降が苺のタルト。

 

 

という感じです。

個人的には苺のタルトの方が仕込み及び盛り付けに

恐ろしく時間がかかるので、短期ご提供になるのではないかと

いう希望的観測です

(笑)

 

 

その後が苺のスウプ。おそらくGW頃まで位。。というこれからの

予定です。

 

 

1/19(日)皆さまのご利用心からお待ち申し上げております。

 

 

当店の苺パフェにつきまして。

一年を通して、その季節の旬のものを使った限定数のデザートはご用意

するように心がけているのですが、この「季節のデザート」

は常に14:30以降にご来店頂く(ランチではなく)

喫茶ご利用のお客様への御用意となります。

 

 

既に常連様は、問題なくお間違いないとは存じますが、当店を

初めて知って下さったお客様。どうかお間違いないようご注意

下さい。

季節のデザートにつきましては特に器への思いを重点的に

メニュー作りを致しております。

パフェグラスは美しさ重視、透明感を追及する為、既製品で

大きく特徴のないグラスを使用しておりますので、むしろ下皿が

美しさの最重要ポイントとして意識しています。

どうか、パフェの先端からグラス最下部迄、トータル的な

バランスを見て頂けると幸いです。

 

 

 

 

後、ご報告が急となってしまい申し訳ございませんが1/18(土)

は事情ありまして、臨時休業とさせて頂く運びとなりました。

どうぞご了承頂けます様お願い申し上げます。

 

 

 

cafe-shiroiro

店主。

 

裏百

新年早々、週末からのスタートcafe-shiroiroです。

皆さん本当に有難うございます。

忘れずに来てくださって感謝の一言に尽きます。

 

 

昨年の中旬くらいから2020/1/4(土)スタート。。。。

と決めていたものですから、すでにご予約も多数お受けしており

もう年始営業日の変更がきかなくなった最中。

 

 

百草の安藤雅信さんから新年会の連絡が!しかも1/5(日)

なんてタイミングが悪い。。。

アトリエ・ユヌ・プラスさんも行けないのだとか。

惜しい。

やっぱりお正月休みは長くとらないと駄目ですね。

食材業者も農家さんもお休みをしている所も多く、材料調達に

苦戦しましたし、とにかくこういう人が集まる会に

不参加になる惜しさ。でも無事に営業も開始できたことに感謝

せねばなりません。

 

新年会とは言うものの、百草の外部新年会は音会。

つまり皆で音ネタを持ち寄って飲んで聴いて、楽しみましょう

会というもの。

 

今回は思い入れのある音を語らなければならないというお題でした。

 

ということで、やっぱり私の場合は、亡きジェイムスブラウン&

ファミリー。

正直説明不要の思い入れのある曲を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつの日も思い出すのは定番中の定番。

ちょっと恥ずかしいくらいですが、いいものはやはりいい。名曲は

やはり名曲。

 

JBファミリーということで。その辺の音をピックアップしようと

思っていました。

今頃夜も更けていい時間だろうな。

なんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 1月4日(土)より営業させていただきます。

 

 

明けました。2020年

 

 

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

毎年思う事ですが

年末年始のお休みはしっかりといただくものですから

「忘れられてたらどうしよう。。」

なんて。

 

そんな中、年末年始に1/4以降のご予約のお電話を頂けると

その度に心が軽やかになるもので、誠にありがたい限り

です。本当に有難うございます。

 

 

皆さんは初日の出を見られたのでしょうか?

昨日の新聞では晴天で美しく見れる可能性が場所によっては

ある。との見方でしたが、どうなんでしょう。

 

 

少し雲が多めで窓の外から薄暗い空を眺めていたのですが。

こんな感じで見れたのでしょうか?当店からは海が近いので

予想ではこんな景観かと想像しながらこのジャケットを思い

浮かべたのした。なんだかなあ。なんて言わないでください。

捻りのないネタですみません。(笑)

 

 

私は今日からイチゴ農家さんのところにご挨拶に行ってきます。

 

 

 

1/4に向けて今日から仕込みもスタートです。どうぞ宜しくお願い

致します。

 

 

 

cafe-shiroiro

店主。

 

 

 

2020年 1月の営業予定です。

 

 

2019年も残りわずかとなってきました。

がらりと変わっていた年末の店内をゆっくりと

色々なことを思い返しながら大掃除しています。

 

 

12/25(水)で年内のcafe-shiroiroの営業は終了となりました。

やはり一年振り返ってもあっという間。毎年思う事です。

皆様のおかげで何とか持ちこたえながら良い年を迎えられそうです。

本当に有難うございます。

 

年始の営業は1/4(土)スタートします。

 

既にご予約もいただいていますので予定変更はできない状態で

気合で3日から猛烈な仕込みとなりますが歯を食いしばって

やります。

 

 

先ほど苺農家さんと打ち合わせをして念願の苺パフェも

1/4からスタートできそうです。

 

 

1/1 1/3と無理言って苺摘んで頂けるそうなので。(笑)

新年早々新鮮な苺で皆様の元に苺パフェをお届けします。

 

 

カフェの隣に住んでいるものですから、お電話も結構年末年始

取れると思います。気が向いたらご予約のお電話いただければ

幸いです。外出もしてる時もありますのでお取りできない場合も

ございます。その時はご了承下さい。

 

 

 

いつもブログを読んでくださってありがとうざいます。

 

cafe-shiroiro

店主。

 

 

 

小谷田 潤陶展 四日目

 

今日はクリスマス。当店には頂きものの美しいクリスマスツリー。

 

 

小さいころから、24日なのか25日なのか

別にクリスチャンではないので本筋の所は何をしたらいいのかよく

分かりませんが、とりあえず楽しく明るく、前向きな

気持ちになる日には変わりません。

 

 

 

関西の客様から事前に頂いたお菓子の詰め合わせ缶。凄く大きくて

笑えて、これもクリスマス(サンタ)に思えてくるから楽しくって

しょうがないです。こういうノリ凄く好きです。

 

 

少し古いですが、2016年録音。彼の自主製作盤1st。

この後にも作品数枚出ていますが、私的にはこの一枚のみが本筋。

この時期にだけ一瞬聴きたくなります。

 

凄く才能が突出しているとは思いませんが、ポジティブで明るくて

この時期そっと楽しくなってくる感じがします。

早朝寒くて、でも家の中は暖かい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

25日小谷田 潤陶展ラスト日です。

ゆったりと店内暖めてお待ちしています。