<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
銀彩イタリアリム皿

今年も無事に、6月中旬から季節限定メニュー

「桃のすうぷ」がお客様のもとにご提供出来るのも

安藤雅信さんの銀彩イタリアリム皿のおかげ。

 

ただ、今年で5年目。こちらの考えている以上に、ご注文頂くことが

多くなってきて、安定した運営に支障が出るほど

お皿の枚数が不足する事態に。

 

 

そこで安藤雅信さんにお電話を。

こちらのお皿は勿論当店の特注ではないのですが、

安藤さんのラインナップは今や1000点を超える状況。

当然のように百草でも在庫していないようで。

 

「でも、どうにかしてあげよう。」

嗚呼。なんと有り難いお言葉。目頭が熱くなります。

 

 

で、ついに到着。。。。。

 

 

 

 

この夏の期間中に間に合ってよかったです(汗)

これで明日からも個人的なモチベーションも含め安心して

お客様の元にお料理(デザート)が提供できます。

 

安藤さんありがとうございます。

 

そして大切に使わせて頂きます。

 

 

 

 

 

加賀棒茶

一般的に言う、お盆真っ只中。色々と人が集まる連休、

おもてなし感が高まる「加賀棒茶」いつもより多めに

ストックしています。

 

 

水出しも出来るので、アイスで召し上がるのもこの時期

よろしいかと。

 

 

是非。

 

 

 

「桃のスウプパンナコッタ添え」につきまして。

日本列島を横断する勢いだった先日の台風。

 

当店付近は大きな影響もなく、吹き返しの爽やかな風の影響で

幾分過ごしやすかった翌日。

 

明日からは随分と常夏続きになるそうです。

 

一方、この時期の桃は糖度が高く正に旬そのもの。

 

 

オーダーが入る度に、手早くフレッシュな桃を使って

口当たりフワッとしたポタージュ仕立てにその都度

裏ごしして仕上げます。冷たすぎないスウプはふんわりとした

ポタージュの仕上がりを高める為です。

 

 

添えてあるクリームチーズをベースにした乳脂の高いパンナコッタは

口に入れた瞬間に溶け出すようにパンナコッタの形状を保つギリギリの

ラインで凝固させています。その為、常温で約15分くらいでスウプに

溶け出してしまいます。召し上がる際はご注意ください。

 

季節限定が故、お出しできる期間のお問い合わせを多数いただいております。

毎年8月中はご用意できていますので、どうか一度ご賞味ください。

 

繰り返しご報告いたしますが、仕込み及び準備の段取り上、

14:30以降にご来店の喫茶ご利用の方へのメニューとさせて頂いています。

 

心よりご来店お待ち申し上げております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年 8月の営業予定です。

標題の件につきまして、
8月の休業日は通常通り(木曜日、金曜日)の
定休日のみとなります。今月は臨時休業も特にありません。

営業のご報告が遅れまして申し訳ございませんでした。

 

※お盆の営業日を多数お問合せ頂いていますが、お盆に近い

お休みは当然ですが定休日の10日(木)11日(金)となります。

 

お盆期間中といっても、それほどいつもと変わらない当店(笑)

どうか、遠方のお客様や、実家に帰省されるお客様。

当店のことを思い出してお立ちより頂ければ嬉しいです。

 

「オープン当初から変わらないなあ。」なんて言っていただければ

尚、うれしいものです。(いい意味でとらえるとすれば)

 

 

 

 

当店オープンの日から、誰にも目を留められることなく店が開店すると

そっと光を添えるPaavo Tynellのライト。

慌ただしく過ぎる日常ですが、ふと目をやると規則的なその

ドットの静かな灯は心が浄化されるよう。

ずっと変わらないものです。(いい意味で)

 

 

店内で快適な時間をお過ごしいただける様に、空調をしっかりと

整えておきます。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

cafe-shiroiro

店主

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音ネタ.114

7月も最終日。

 

ふと、思い出したのですが、10数年前の今日、

任せてもらっていた、とある名古屋のBARを退職したのでした。

 

その時、常連さんから餞別に頂いたレコードが聴きたくなって

しまって。探して探して、やっと今見つけたのです。

 

 

 

考えて見ればジャケは真冬。日本は常夏。でもいいのです。

いいアルバムなので。

 

Aretha Franklin - You Send Me

白眉はサムクックの名曲カヴァー。

 

わずか2分そこそ。そこに詰まっているものがあります。

原曲に敬意を感じます。気迫も。

 

気になる方は是非ご一聴を。

 

 

 

 

 

 

 

内装プロジェクト-2

「六月農園」-ろくつきのうえん さんとの建築プロジェクト

もそろそろ最終段階。施主ご夫婦も完全参加型の各分野

細部の施工も進んできました。部材の形状や素材、色、仕上がりの

質感、テクスチャなど細かい部分まで打合わせ通り動いてくれる

設計士、職人さん、施主さんに感謝です。

 

古い倉庫の鉄枠窓をフルオーヴァーホールし、鉄枠で組み直し

キッチンと中央ホールを隔てるパネルに。クリアなガラスで

圧迫感を抑えた目線の抜感を演出。

 

鉄枠には鉄管のスイッチを。この鉄管は予め

組んだものを事前に幾度もハンドペイントし、

凸凹間のある仕上がりにした後、再度施工し直し

ました。鉄管の曲げる位置や鉄枠からあえてはみ出させた

スイッチの位置も思惑通り。

 

観音開きの特大アンティークの玄関ドアは閉鎖感のない

大きなクリアガラスのものを探しました。

 

県外中心の遠方より農業体験及び宿泊や会議、プレゼンなど

を主とする建造物ですが、私的には絶対的に住み心地も良い

「家」であることが大前提のものです。

 

瞬間的、部分的、に心地いいものではなく、耐震、断熱、各素材も

クオリティの高い体にも目にも快適で長く暮らすことが出来るような

ものを考えての提案、そして施工。

 

 

 

このスクエア型のトグルスイッチ。実は私が自宅で使用したかった

USのもの。USマイナーホームセンターで購入できると聞いたことが

あって存在は知っていたのですが、数年前まで日本への販路

がなく断念していたもの。漆喰壁に合わせる為メタル感をあえて

ハンドペイントで艶なしボテボテな質感に変えて施工。

 

ここにはあえてペイントを剥離したヴィンテージのジェルデランプを。

 

 

漆喰壁は手仕事が垣間見れるボテボテ感で、思惑通りの優しい

仕上がりに。

 

 

「ニッチ」の立体的な淵、窓の淵を隠す漆喰壁の巻き方。仕上がりは

想定通り。

 

 

バス、脱衣所へのアンティーク扉は空間を広く使うため、あえて

スライド式に施工。

 

特別仕様の土間や、RCの壁、照明、薪ストーブ他、まだこれから

仕上がる所も多数あります。

 

 

建築技術ですべて開閉できる特大窓、上方のフルオーヴァーホール

したヴィンテージ工業系窓。

 

目線のその先には絶好のサンセットがクリアに期待できる

その位置に確信的に施工。これも外枠は鉄で組み上げた

オリジナルです。

 

あともう少し。。

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店のアイスティーにつきまして。

毎年同じことを書いているのですが、当店のアイスティーは

濃く淹れた紅茶を氷で急冷させて、云わば「出来立て」の冷紅茶

を召し上がっていただくという意図であります。

 

また、急冷させる際に氷が結露した冷ややかで視覚的な「涼」

を演出するという意味も含めて年中同じ形式で

お出しししているにも関わらず、最も意味のある夏の飲み物

として考えています。

 

(※このデザートは11月末〜春先までお出しする

ホワイトチョコチーズタルトです。季節のデザートですので

現在はございません。ご承知おきください。)

 

注ぐときは、一番上の氷には当たらないようにするのがコツです。

 

 

 

一度この辺まで注いだら、数秒お待ちください。この量ですと

すぐに冷却されます。これ以上入れると冷却が遅くなって

氷も余分に融け、グラスの淵まで紅茶が迫って視覚的な涼感が

失われます。

この辺りで、一度ストレートで召し上がって頂き、ガムシロップと

ミルクを入れるかどうか判断していただくのがよろしいかと思います。

 

そしてまた、残りを注いで頂く形で。

 

最下部の氷がほぼ解けた状態にならないと、ガムシロップや

ミルクを入れた際、混ぜ難いです。

 

 

繰り返しますが、毎年同じことを申し上げでおりますがお許し

下さい。

 

お好きなように飲んでいただくのが一番であることは間違い

ありません。当店がお薦めする召し上がり方のご提案程度に

お考えください。

 

暑い夏を視覚的な「涼」で少しでも快適にお過ごしできれば

と思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

7/15(土)は貸切り営業のみとさせて頂きます。

 

 

当月上旬にご報告致しました通り7/15(土)貸切り営業の為

カフェとしての通常業務はお休みとさせて頂いております。

 

 

 

従って、実質7/13(木)、7/14(金)、7/15(土)は
三連休となります。

 

 

 

 

大変恐縮ですが、どうかお間違えの無いようよろしくお願い致します。
尚、7/16(日)は当然通常営業しています。

カフェでは7/16(日)よりしっかりと準備を整え、皆様のご来店

鶴首しております。

 

梅雨明けもあと少し。どうぞよろしくお願いいたします。

 



cafe-shiroiro
店主。

 

音ネタ.113

「これ、橋本君おそらく好みのもの。」

 

 

と言って先輩に教えてもらって、帰りの車の中で聞いて、運転中に

すぐ注文してしまったもの。

 



無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバ・リサイタル
.◆璽戰襦В気弔両品 ニ短調
▲ルティス:4つの無伴奏レセルカーダ〜《装飾変奏法》(1553)より
シェンク:ソナタ第6番 イ短調〜《ドナウ河のこだま》作品9より
ぅ謄譽泪鵝Д凜オラ・ダ・ガンバのためのソナタ ニ長調〜《忠実な音楽の師》より
ゥ轡鵐廛愁鵝В海弔離廛譽螢紂璽鼻繊團妊ヴィジョン・ヴァイオル》より
Ε劵紂璽燹В欧弔両品〜エア集第1部(1605)より


ヴィーラント・クイケン(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

1993年2月21-22日、ハーレム、ルター教会

 

 

一年で最も湿度の高いこの時期。ドライ深遠な世界を演出してくれる一枚。

 

この3月に広島のタムラさんで見てきたばっかりの、有本さんを使った

ジャケも秀逸で海馬も虜に。

 

気になる方は是非ご一聴を。

 

2017年 7月の営業予定です。

標題の件につきまして、

7月は通常の定休日(木曜日、金曜日)の他、
7/15(土曜日)は「カフェ貸し切り」の為、通常営業はお休み

とさせていただきます。

 

梅雨らしい天気もあと少し。涼を意識した店づくりを

心がけます。

 

 

朝晩の気温の差が大きい、梅雨の中盤。心身共に整え、

7月に臨みます。

 

桃も本格的に旬の時期になろうとしています。

「桃のスウプ」ご期待ください。

 

 

 

 

cafe-shiroiro

店主。