<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
季節のデザート「苺のパフェ」1月中はご用意できそうです。

2019年営業初日から気持ちよくスタート出来ているのは

この時期ならではの「苺のパフェ」のおかげ。

 

 

仕入れている時から、仕込み、盛り付けの段階までも常に苺の

香りでキッチンが新年らしくすがすがしい気持ちになります。

 

 

そんないちごのパフェですが、本日農家さんと打ち合わせの上、

粒のそろった容姿、味、香りすべていい状態の苺を今月いっぱい

はまとまった数を確実に仕入れることが出来るように打ち合わせ

をしてきました。この週末もいい苺が入荷してます。ご期待ください。

 

小さいカフェですので、仕込みの段階から時間も要するもので、

一日にご用意できる数は決して多くはありませんが、最善を

尽くしますのでどうかご理解いただけます様お願い申し上げます。

 

 

 

この「苺のパフェ」の見栄えを底上げしてくださっているのは、実はこの

ソーサー代わりに使わせて頂いている内田鋼一さんが作ったデルフト釉薬

(錫白釉)の美しいリム皿。眼の肥えた私の知人は、このお皿に乗って

いるが故、それ目当てでご来店頂いている方も多数。

 

お気付きとは存じますが当店のカステラの長方形の白いお皿と同じ釉薬の

ものなんです。(この長方形のお皿は当店特注で内田鋼一さんが

作って下さったもの)

 

 

少し脱線しましたが、特に期間限定の季節のデザートについてはお皿の底から、

デザートの先端まで意識して作っているつもりですので、トータル的な

バランス、余白も併せて見ていただければ尚、嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遅れに遅れた2019年1月の営業予定につきまして。

本当にすみません。

 

新年1月の営業報告をしていないことに今気づきました。

 

勿論、臨時休業なしの通常営業ですので、問題ないかと

思いますが、当初22日(火曜)が臨時休業するかもしれないと

いうことで、数件ご予約をお受けすることが出来ませんでしたが、

もし、まだ間に合うようでしたら是非ご連絡下さい。

大変申し訳ございませんでした。

 

 

当月臨時休業なしの通常営業です。(木曜、金曜の定休日以外

通常営業。

 

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

cafe-shiroiro

店主

季節のデザート:苺のパフェ。1/5(土)からご用意しております。

常連様には

 

「必ずやります」と宣言していましたが、形、香、味、

申し分ないイチゴが納品していただけましたので、

 

[苺のパフェ]を期間限定でご用意いたします。

 

※14:30以降のご提供となります。

(売り切れ次第終了となります。)

¥1590

 

 

本来なら「苺のタルト」をご用意する予定でしたが、刻んで

しまうのはもったいないので本当にこのレベル(容姿も含めて)

の苺が安定供給していただける間だけとなります。


内容は最下部より、甘さを控えめにコンポートした苺。

四つ葉のクリームチーズを使ったパンナコッタ。

苺の自家製コンフィチュールを使ったジュレ。

苺のカッサータ(イタリアンチーズアイスクリームケーキ)

フレッシュ苺。

ホワイトチョコのパウダー。

 

というような苺尽くしのパフェです。

全体的にさっぱりと仕上げているのは旬の苺の甘みを

堪能していただきたい為。

水耕栽培ではなく、腐葉土で丁寧に育て、完熟したもののみ

摘み取った香り甘み共に濃厚なイチゴです。

 

 

月末頃には「苺のタルト」の御用意となりますので、新年

イメージした容姿?の旬のパフェを是非。

 

 

2019 元旦

 

 

新年誠に快晴のスタートで、何やら気持ちも晴れやかな。

 

 

1/5(土)スタートです。

 

本年、少しづつ前進できるように足踏ん張ってやります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

cafe-shiroiro

店主。

音ネタ.132

大晦日。

 

色々なことも終えて一息。(実は掃除が後少し。。。)

 

毎日、食事や睡眠や、生活の余白なんかも、人間らしい生活を送りつつ

毎年のことですが既に体重が4kgも増えているので、このままいくと、

今年は+8kgなんてことになりそうですが、そんなことは気にしません。

 

先日の友人と話していた時に、音棚に目を向けると笠井紀美子のCDが。。

 

と思ったら、峰厚介とのカルテット。あまりメジャーではないですが、

私の中では、数ある彼女の作品ではno.1にして初のリーダー作。

友人は「バタフライ」が好きだとおっしゃっていましたが。。

それは、まあ。

 

 

恐ろしい和ジャケに変貌を遂げて、CDプレスされたものでした。

一体誰のセンスでこのジャケに変更されたのか?が点滅しすぎて、

この後友人と、笑い話になったほど恐ろしい。

ただ、録音は1971年、当時もこの緑の中に仁王立ちするジャケは

あったとか。なかったとか。まあ、そんなことはどうでもいいことで。

 

内容が素敵過ぎるだけにジャケとのギャップあって笑いのセンスが

あるのでしょう。きっと(笑)

 

 

 

 

という話はさておき。(CDのジャケはyoutubeでご覧ください。)

裏ジャケの方が素敵なのでは。。。。

 

音楽好きのAさん的に言うのであればLPのA面は「陽」でB面は「陰」

というのでしょうか。

 

音的に「陰陽」感じるのもさておき、聴きどころはBの笠井紀美子書下ろしの

イエロー・カーカス・インザブルー。日本語訳をいると少しネガティブな一面も。

イメージはとても男気のある歌い手と思っていたため、少しびっくりしましたが、

気になる方は是非ライナーを。

 

話は変わって、内容は全編笠井節の正に男。

リーダー作と言いながら峰厚介カルテットに加わったという感じは私の主観。

フリー的要素が垣間見れるこの年代独特の構成。

 

「一曲目から突き抜けて酒が進むね。」というのが同感の佳曲。

 

 

 

で、やっぱりかというハービーProの定番。

やっぱり聞いてるとそら、売れますよね

 

 

 

なんてことで酒も進み、年末という事です。

 

ではよい2018を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年の営業は終了いたしました。

12/26(水)

 

で、年内の営業は終了いたしました。

 

 

同級生であり親友の小谷田 潤さんの陶展で締めくくりとなった2018年

沢山の方に足を運んでいただき、普段おしゃべりもできないような

(たまたま、バタバタしている時間帯だったりするせいで)

方とも、お話しさせていただけたり(差し入れなんかも)とても幸せでした。

本当に有難うございました。

 

 

 

 

沢山深呼吸して、2019年色々やりたいことも頭の中をしっかりと

整理して年末年始しっかりと充電します。

 

 

1/5(土)からの通常営業です。

 

しっかりやります。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

cafe-shiroiro

店主。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年小谷田潤陶展 4日目

小谷田さんの陶展も残り1日となりました。

明日で終了です。

 

もし遠方或いは予定が合わなくご来店できないお客様が

いらっしゃるようでしたら、明日でラストなので、お振込み

の形でご注文お受けできますので(年内お取引完了できる方のみ)

お気軽にお問合せ下さい。

 

以下25日午後に撮影した店内になります。

 

 

 

 

 

 

ティーカップも追加していただきましたので、まだ数種ございます。

 

 

毎日の炊飯(3〜4合)や少人数鍋に最適な土鍋。

 

 

マットな水色、貫入の入るアイボリー。花器はドライフラワーご希望の

場合はお付けいたします。

 

 

シュガーポット(蓋物)他

 

 

 

 

 

 

どうぞご高覧ください。明日から寒さ増すそうですが、店内は

精一杯暖めておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年小谷田潤陶展 3日目

12/24 クリスマス。

 

 

店内早朝から選んだ音はこちら。

 

 

オケゲム(c.1410-1497)

ミサ曲が中心でヒリアードが共鳴するように美しく生命を添えます。

 

 

 

他のお店ではどんなのがかかっていたのでしょうか。すごく気になるところ。

あと、

小谷田さんからも追加の納品がありました。

 

追加はカラーヴァリエーションのラインナップが中心です。

 

 

アイボリーと水色も少し。

 

 

 

黄色とグリーンは使用しているうちに色も濃く変化し、美しい

貫入が入ってきます。

 

 

 

右が使用前、左が使用後。

 

歳月の重みが表情となって現れます。

 

 

 

 

頂いたプレミアムのシュトーレンと、これもプレミアムカカオ。

にこぱん万歳。

今年は去年よりしっとり感が強い気がします。

美味いが過ぎる。

 

クリスマス万歳。

 

 

 

店内で静かに見守っているスペインのキリスト教のお祭り(クリスマス)

で山車に取り付けられていたという木製のアンティーク人形。

 

これを磨き上げて一日を終えるとします。

 

 

良いクリスマスを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年小谷田潤陶展 2日目

不安定な天気も回復の兆しの2日目。

 

にこぱんも正午頃から販売予定でしたが、大きく

予想を超えて(いい意味で)11時に到着の11:45分頃から

販売という快挙。信じれない早さ。(笑)

 

プレミアム、カカオ仕様の特別な、にこぱんシュトレンは、本来

クリスマスを待ちわびて食するものですが、今回は直前に頂いたので、

明日に取っておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

クリスマス。店内暖かいです。

是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年小谷田潤陶展 初日

2018年 小谷田 潤 陶展の初日皆さんご来店

頂きありがとうございました。

 

あいにくの雨にも関わらず、本当に有難うございます。

 

 

 

凄くタイトな時間配分の中、少しだけ店内の模様を。

 

 

 

 

 

 

 

 

12/26(水)までとなります。

 

どうぞご高覧くださいませ。

 

 

お待ちしています。