<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
11/19(月)通常営業です。大変ご迷惑をおかけしました。

大変ご迷惑をおかけしたこの週末。

申し訳ございませんでした。

 

体調も回復の兆し。今、一生懸命仕込みを進めています。

11/19(月)勿論通常営業いたします。

 

皆様のご利用心よりお待ち申し上げております。

 

 

店内心地よく暖めておきます。

 

 

cafe-shiroiro

店主。

 

 

11/18(日曜日)は申し訳ありませんが臨時休業とさせていただきます。

表題の件、大変突然のご報告となりますが、店主である私が体調を

崩してしまい、ドクターストップを受けました。

 

大変不本意ではありますが、日曜日、は店に立てる状態ではなく、

臨時休業とさせて頂きたくご了承いただけます様、お願い申し上げます。

 

 

 

日曜ということもあって、ご予約頂いていたお客様。大変申し訳ございません。

回復を待って月曜以降の営業状態は随時このブログにてご報告させて頂きます。

 

カフェのSNS等すぐに広く周知できるものを持ち合わせていない為、

恐らく本日は大変ご迷惑をおかけすることになろうかと思います。

 

重ねて深くお詫び申し上げます。

何だかお詫びばかりですね。

 

本当に申し訳なく思います。

 

 

cafe-shiroiro

店主。

 

11/17(土曜日)は「カフェ貸し切り」の為、通常営業はお休み とさせていただきます

 

 

当月上旬にご報告致しました通り11/17(土)貸切り営業の為

カフェとしての通常業務はお休みとさせて頂いております。

 

 

 

従って、実質11/15(木)、11/16(金)、11/17(土)は
三連休となります。

 

大変恐縮ですが、どうかお間違えの無いようよろしくお願い致します。
尚、11/18(日)は当然通常営業しています。

カフェでは11/18(日)よりしっかりと準備を整え、皆様のご来店

鶴首しております。

 

年内当店の営業も約一ヵ月。

(年内はカフェ業務12/19(水)までの営業なんです。)

どうぞよろしくお願いいたします。

 



cafe-shiroiro
店主。

 

加賀棒茶60g入 入荷しています。

当店の季節限定メニュー

「黒糖モンブランパフェ」の最下層部分(琥珀色の半透明のジュレ)

は加賀棒茶から抽出しているのですが、少し前から幾度とお問合せ

頂いております、加賀棒茶自体も、店頭で販売しています。

 

時期的に少し品切れの時もあったからですね。すみません。

 

 

 

今、仕込みで大量に使用するので、常時在庫しています。

 

こちらもどうぞお買い求め下さい。

日々の生活をほんのり豊かにしてくれる茶葉です。

 

 

 

 

 

2018年 11月の営業予定です。

標題の件につきまして、

11月は通常の定休日(木曜日、金曜日)の他、
店内貸切のご予約の為、11/17(土曜日)は臨時休業とさせて

いただきます。

 

どうぞご了承頂けますようお願い申し上げます。

 

 

 

ここ最近、仕込み時間の圧迫からブログの更新遅滞により、

大変ご迷惑をおかけしていることもあるかと思います。

 

日々最善を尽くしますのでどうぞご理解いただけます様

お願い申し上げます。

 

少し寒くなってきたせいもあって、当店を思い出してくださる

お客様の御来店、大変うれしく思います。

 

そんなことを考えて翌日の仕込み、段取り共に身を引き

締めて臨みます。冬の始まりそうな気配の11月。

 

皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

cafe-shiroiro

店主。

 

 

 

音ネタ.129

jazz好きの上層部(年齢)の方々達は

 

「jazzは50年代以降はほぼ肩の力が抜ける作品ばかりだ」

 

なんて、仰る方がいらっしゃいますが、より柔軟な耳で聞ける

我々の世代は、より幅の広いジャンルの集合体或いは色々な

ジャンルがクロスオーヴァーしてまた違うjazzというジャンルが聴ける

年代だということに気付いているのだと思います。

 

ジャケからしても、もはやジャズというよりもプログレの

ような。年代独特のアートワーク。音もスピリチュアル強め。

 

 

タイロンワシントンが、より先へと進んでしまった後期作品

にして、私にとっては最高のアルバム1973年録音。

 

因みに翌年の74年には「do right」を発表してjazzの世界から

身を引いてしまったわけですが。。。

 

 

豪快なテナー。たたみ掛けてくる予想不可能な展開にドキドキします。

こういうのを天才って言うのだと思います。

 

 

気になる方は是非ご一聴を。

 

 

 

 

10/20(土曜日)は「カフェ貸し切り」の為、通常営業はお休み とさせていただきます

標題の件につきまして、


10/20(土曜日)は「カフェ貸し切り」の為、通常営業はお休み

とさせていただきます

 

 

どうぞご了承頂けますようお願い申し上げます。

 

事情があり、ご報告が遅れてしまいまして申し訳ございませんでした。

 

尚、10/21(日)より勿論通常営業となりますので、

どうぞよろしくお願い致します。

 

秋晴れ予想の週末。

良い季節。

良い時間。

 

 

cafe-shiroiro

店主。

ブロードアサマを使った当店のオープンサンドにつきまして。

夏休み中だった「にこぱん」が再稼動して、数週間。

 

オファーしていたブロードアサマがようやく届いています。

(実は、先週から到着していたのですが、仕込み時間の圧迫

によってブログでのご報告が遅れてしまいました。

 

申し訳ございません。

 

既に店頭にはメニューが再セットされているので、情報の早い

常連様には召し上がって頂いておりますが、当店のオープンサンドの

ご用意はできております。

 

 

 

(※こちらは因みにパンのサイズM、パルミジャーノ少なめです。)

無料でサイズ、パルミジャーノの量の調整できます。個人的には

パルミジャーノ多めのがっつりなのが好みです。生ハムが隠れるほど

パルミジャーノ削ります。

 

 

ただ、こちらのオープンサンド、私がどのように頑張っても

にこぱんが届けてくれない限りパンのストックはなくなりますと

ご提供出来かねるということと、こちらのオープンサンド

のサラダ数種など、ランチメニューでの併用のものもございますので、

ランチで売り切ってしまいますとご提供が難しくなる事実。

 

確実を求めるのであれば、ご予約を頂けますと必ず、在庫を確保

させて頂くと共に、スムーズにご提供できますので、どうか

ご来店前に一本お電話を。。。。

 

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

黒糖モンブランパフェ。

秋の味覚「栗」

 

を使ったモンブランパフェ。昨年に引き続き、今年もご用意

することが出来ました。

 

 

 

まだ、仕込みが終わっていませんが、10/8(月)より

ご提供できるように整えております。

 

ただ、仕込みに気が遠くなりそうなくらい手間、時間ががかかりますので、

いつも通り数多くはご用意できませんが、日々ベストをつくしますので

ご了承下さい。

 

今年は昨年よりも、さっぱりとした後味になるように幾分

工夫した次第です。

 

 

パフェ最下層から、加賀棒茶のジュレ、クリームチーズのパンナコッタ

エスプレッソを染み込ませたカステラ、きな粉の自家製アイスクリーム、

カボチャの白玉、ブルーベリーのシロップ漬け、そして最上部は渋皮煮を

丁寧にペーストし、黒糖を使ったモンブランクリームで仕上げました。

飾り付けに添えたものは大粒の栗の渋皮煮のホールとサツマイモで作った

スティック状のチップをカリカリにローストしたものです。

 

上部はガツンと黒糖の甘みのモンブランクリームを程よく味わっていただける

ような食感、素材を。下部はさっぱりとした加賀棒茶のジュレ。召し上がって

頂くにしたがって、パンナコッタで加賀棒茶のほうじ茶ミルクのような味わいに

なります。

 

 

年内はご用意できるように材料は確保しておりますので、皆様どうぞ秋の味覚を

ご賞味下さい。

 

 

お待ちしております。

 

いつも通り、こちらの「季節のデザート」は、14:30以降のご来店のお客様への

メニューとさせて頂いております。仕込み及び段取り上ご了承いただけます様

お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

音ネタ.129

このブログを書き続けて6年位になりましょうか。

それ以来、いつか音ネタで書こうと

早くCD化されないかなあと思いながらも、常に

CDを探しているわけでもないので、もしかしたらされて

いるのかもしれませんが、私の固い思考の捜索

では見つかっていない上に、(もしかしたらジャケ違いで

(プレス国違い)出てるのかもしれません)

YouTubeでも音源の視聴が出来なかった曲がたまたまさっき

見つかりましたので。

 

Larry Nocella ””Everything Happens to Me ””

 

 

イタリア産テナーサックス奏者の名曲そろいの実質2nd。

 

イタリア人らしい力強い指と腹筋の音。滑らかさとか

クールさとかそんなことはさておき、頭の中心に響いてくる

音で男の汗臭い懸命な演奏が心に響くものです。

 

一番好きな曲の視聴クリップが見つかりました。

 

 

他の曲は前からあったんですけどね。この曲はなぜなかったんだろう?

 

気になる方は是非ご一聴を。