<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 城 進さんの仕事。 | main | 音ネタ.110 >>
ナカオタカシさんとcafe-shiroiroとサイン。

一歩一歩、大切に丁寧に慎重に進んできた

ナカオタカシさんと作り上げてきた当店の看板。

 

最後の仕上げは私がFRPの看板部分を支える土台を

酸化させ、配線を鉄管で組み上げる作業。

 

 

先日やっと完成に至りました。

 

 

 

デザインはいたってシンプルなボックス型。

でも、そのシンプルなフォルムの根底にはとても密に

計算された思惑があるのです。

 

FRPと酸化された台座の配分(大きさの割合)や内部の光源の

位置及び照度。配線を司る鉄管の色及び、そこに厚く持ったペンキ。

壁から窓へはみ出した鉄管の設置位置。

 

そして、何よりもナカオさんにどうしてもお願いしたかった

看板と台座の面一のライン。

 

 

綺麗に一体化されているように見えて、実は看板を使用しない夜は

外せるようになっているのです。

 

以前も当ブログで記載した記憶がありますが、通常、看板は

お客様へ向けて存在を知らせる(或いは呼びこむ)という

趣旨なのかもしれませんが、当店は営業していることを

お知らせするという趣旨で、お客様を迎え入れるという看板です。

 

色々な思いの詰まった看板。どうぞ見てあげてください。

 

 

 

 

そんな中、ナカオさんの個展のDMが届きました。

 

「ナカオタカシ 100のランプ」

 

 

 

 

 

いまだかつて、100個も並んでいるナカオさんのランプなんて

見たことがありません。100個という数字、初の試みなのでは。。

 

 

 

 

私も愛用しているナイトスタンドも。

こちらも5点くらいは出したいとおっしゃっていました。

 

 

この機会に是非。

 

 

会場:まちのシューレ

 

香川県高松市丸亀町13-3高松丸亀町参番街東館2F

087-800-7888

11:00〜19:30