<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 7/15(土)は貸切り営業のみとさせて頂きます。 | main | 内装プロジェクト-2 >>
当店のアイスティーにつきまして。

毎年同じことを書いているのですが、当店のアイスティーは

濃く淹れた紅茶を氷で急冷させて、云わば「出来立て」の冷紅茶

を召し上がっていただくという意図であります。

 

また、急冷させる際に氷が結露した冷ややかで視覚的な「涼」

を演出するという意味も含めて年中同じ形式で

お出しししているにも関わらず、最も意味のある夏の飲み物

として考えています。

 

(※このデザートは11月末〜春先までお出しする

ホワイトチョコチーズタルトです。季節のデザートですので

現在はございません。ご承知おきください。)

 

注ぐときは、一番上の氷には当たらないようにするのがコツです。

 

 

 

一度この辺まで注いだら、数秒お待ちください。この量ですと

すぐに冷却されます。これ以上入れると冷却が遅くなって

氷も余分に融け、グラスの淵まで紅茶が迫って視覚的な涼感が

失われます。

この辺りで、一度ストレートで召し上がって頂き、ガムシロップと

ミルクを入れるかどうか判断していただくのがよろしいかと思います。

 

そしてまた、残りを注いで頂く形で。

 

最下部の氷がほぼ解けた状態にならないと、ガムシロップや

ミルクを入れた際、混ぜ難いです。

 

 

繰り返しますが、毎年同じことを申し上げでおりますがお許し

下さい。

 

お好きなように飲んでいただくのが一番であることは間違い

ありません。当店がお薦めする召し上がり方のご提案程度に

お考えください。

 

暑い夏を視覚的な「涼」で少しでも快適にお過ごしできれば

と思います。

どうぞよろしくお願い致します。