<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ナカオタカシさんとcafe-shiroiroとサイン。

一歩一歩、大切に丁寧に慎重に進んできた

ナカオタカシさんと作り上げてきた当店の看板。

 

最後の仕上げは私がFRPの看板部分を支える土台を

酸化させ、配線を鉄管で組み上げる作業。

 

 

先日やっと完成に至りました。

 

 

 

デザインはいたってシンプルなボックス型。

でも、そのシンプルなフォルムの根底にはとても密に

計算された思惑があるのです。

 

FRPと酸化された台座の配分(大きさの割合)や内部の光源の

位置及び照度。配線を司る鉄管の色及び、そこに厚く持ったペンキ。

壁から窓へはみ出した鉄管の設置位置。

 

そして、何よりもナカオさんにどうしてもお願いしたかった

看板と台座の面一のライン。

 

 

綺麗に一体化されているように見えて、実は看板を使用しない夜は

外せるようになっているのです。

 

以前も当ブログで記載した記憶がありますが、通常、看板は

お客様へ向けて存在を知らせる(或いは呼びこむ)という

趣旨なのかもしれませんが、当店は営業していることを

お知らせするという趣旨で、お客様を迎え入れるという看板です。

 

色々な思いの詰まった看板。どうぞ見てあげてください。

 

 

 

 

そんな中、ナカオさんの個展のDMが届きました。

 

「ナカオタカシ 100のランプ」

 

 

 

 

 

いまだかつて、100個も並んでいるナカオさんのランプなんて

見たことがありません。100個という数字、初の試みなのでは。。

 

 

 

 

私も愛用しているナイトスタンドも。

こちらも5点くらいは出したいとおっしゃっていました。

 

 

この機会に是非。

 

 

会場:まちのシューレ

 

香川県高松市丸亀町13-3高松丸亀町参番街東館2F

087-800-7888

11:00〜19:30

 

 

 

 

 

 

 

城 進さんの仕事。

いつも当店の器でお世話になっている伊賀の

城 進さんからDMとパンフレットが届きました。

 

 

 

誰が見ても城さんの器と認識できる「鉄絵」の刻。

西アフリカで出会ったボゴラン(泥染の布)に感銘を受け

陶に弁柄で着色を施したもの。

 

当店で使わせてもらっているのは、城さんからの頂きもの。

入り口近くの灰皿カヴァーの大鉢。(水はけ用の穴あり)

灰が風で外に吹き飛ばされないほどの深い鉢で重宝しています。

 

 

あとは、料理のジャンルによってサイズを使い分けている

土鍋。一番手前は平たい土鍋。パエリアなどの洋仕様。

 

左奥は湯豆腐。右奥はおでん、なんて具合で。デザインは

さることながら、蓋も重く使い勝手も料理する気分も

申し分ないものです。

 

 

そしてこの素敵なDMは明日から大阪のシェルフさんでの

個展だそうです。

 

パンフレットもDMも手に取ってみてください。

個展へも是非。

 

 

 

 

 

季節のホワイトチョコチーズタルト。

 

 

昨年末から、やろうと思いながらなかなか手が付けられなかった

のですが、

 

「季節のタルト」

 

3/1(水)からメニューに加わります。

盛り映えするような大きめの器でご提供します。下部の画像は

内田鋼一さんのプラチナ釉のオーバルプレート。

 

 

 

今はイチゴになります。盛れるだけ盛ります。

この画像ではほとんど見えないボトムのタルト部分ですが、

しっとりでありながら、サクサクの食感。

個人的にかなりお気に入りです。絶妙な食感位置で仕上げています。

 

 

中央のベースはホワイトチョコのチーズクリーム。上に降り掛かって

いるのはホワイトチョコをその都度削っています。

 

その日によって、いろいろな器でお出しできるように考えています。

そちらも併せてご期待ください。

 

 

 

 

※仕込みの都合上、14:30以降の喫茶時ご注文メニューとさせて

頂く予定です。

 

是非ご賞味くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

形は魂。

バタバタと慌ただしく日が過ぎていく中、

朝、少しづつ明るくなるのが早くなった気がして

何だか春が近づいているのかなあ。と、うれしくなりました。

 

私はその日に使うマフィン(パン)生地の発酵の微調整の為、毎日

6:10に起床するのですが、店に入ったとき、絶妙に静かに

明るくて、物音一つしない凛とした空気が今の季節気持ちいいの

です。鼻がピリピリする感じ。それは空気が冷たいから?

それ以外にも何かあるような気がします。

 

 

なんて、今日の朝、少し明るくなってきた店内で立花英久さんの

塑像に目を向けた時、

ある漆作家さんに教えて頂いた坂口鶴代さんの画集に添えた言葉を

思い出しました。

 

「色彩は光。 調子は時間。 質感は言葉。 形は魂。」

 

世にモノを生み出す人が考えていなければならない大切なことが

詰まっていると思います。

 

 

 

忘れないようにしようと思います。

 

 

 

 

 

 

2017年 裏百会。

裏百会。。

 

確か4年ほど前、安藤雅信さんから年末にメールが来て

「所有している音響システムを冬季休業中の百草に移して、

裏新年会(つまり音宴会)をしようかと思っている」

 

と。

 

その時、開催予定日に当店は新年そうそうご予約を数件

頂いていた為、毎年、なかなか参加することができなかった

のですが、今年は早くからお声がけ頂いていましたので、

やっとお邪魔することが出来ました。スタートは17:00

でしたが、私はお手伝いの為、14:30入り。

 

開催前日には、数人でこの恐ろしい音響システムを2階まで

運んでくださったそうで、当日はsonihouseの鶴林さんも入って

機材の調整を。

この恐ろしい程の高価な音響群も普段、プライベートルームでなかなか聴く

時間が作れない為、この2階に常設になるそうです。贅沢この上ない

ギャラリーです。

 

この日は鶴林さんは、百草用に神代杉12面体スピーカー(左上のもの)

を作られたのだとか。

普段はこの特注スピーカーから耳に心地よい音が流れることでしょう。

このスピーカー。小さくまとまっているように見えるのですが、すごく

心地よく柔らかでいて且つ、クリアな音質を届けてくれます。

音質の高さに本当にびっくりしました。

 

 

音好きが集う裏百会。各自好きな音を持ち寄り、この素晴らしい音響システム

で爆音で聴く。呑む。食べる。話す。笑う。トラネコボンボンの中西さんの

お料理も届いたりで、新年そうそう贅沢この上ない

宴会です。しかも皆様堅苦しくないゆるーいやつ。

「裏」に深い意味はないものです。念のため。

 

 

途中、「ええじゃないか音頭?」とかもあったりして。(笑)

 

 

その他の音については後ほど。。

 

 

そんな具合で新年良いスタートを約束してくれる裏百会として酒と共に

夜が更けていったのでした。

 

 

続く。

 

※当店は1/8(日)から新年営業スタートです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

2017年 元日

2017年 元日。

 

早朝より、晴れ。

 

数日間、仕事から離れたまったりした年末を過ごしていたら、貧乏性な私は

体がムズムズして頭痛も発生。

 

なので、思い立って元旦にも関わらず、早朝、まずはアルコール体内に入れず、

登山開始。

 

 

睡眠時間も少なめ、基本バタバタと体を動かしているほうが合っている

みたいです。

もしかするとここ、山頂では雪とかもあるかも。。

 

と聞いていましたが、全くなし。

がっかりしている間もなく、勢いで上った山頂。厳重に身の回り

整えていましたが寒くて。

楽しみに持って行ったコーヒーを飲んですぐに下山。

 

 

 

この上ないリフレッシュした元日で。

 

今年の仕事始めは1/8(日)

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

cafe-shiroiro

店主。

 

 

 

2016年の営業は終了いたしました。

比較的、普段お話しすることもなかなかできない

お客様ともゆったりとお話しできたり、幸せな年末でした。

2017年の営業初日は1/8(日)からです。

ご予約は年末年始関係なく、電話してみてください。

よくカフェにいたり、実家からも取れることがあるので、

どうぞ遠慮なく。

 

では、良き年末をお過ごしください。

 

 

 

 

cafe-shiroiro

店主。

 

 

6歳になったこと。

 

cafe-shiroiroも今日でオープンから6年が経ちました。

何度も書いているかもしれませんが、6年前の今日は来客は

一人。

 

それも、郵便局の配達員のおじさん。

配達が終わって服を着替えてわざわざ来てくれました。

見るに見かねて。って感じだったのだと思います。

 

その時、すごくうれしかったことと、感謝の気持ちを

忘れないように。

 

と自分自身に言い聞かせて、誰からも期待されずに、

誰も見向きもしないような立地に、雑草の如く誰にも知らせる

ことなくこっそりオープンしたcafe-shiroiro

ここから這い上がるのが面白いんだと勝手に思っています。

まだまだ。

 

なんて今日の仕事前に考えていたら、

 

 

「にこぱん」からいつも届く、ブロードアサマ(当店のオープンサンドのパン)

に添えて今年のStollenが!!!

 

ありがとう。ブラザー。

力が沸いてきたのです。

 

まだまだやりたいことは沢山。7年目、全力で行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナカオタカシさんと看板のこと。

当店の看板の事。

 

ナカオサンが看板のベースを作って下さって、

その後、看板の設置台の製作へと第2段階へ移ったわけですが、

これがやっと出来上がってきました。

 

 

ナカオタカシさんの本体ベースの外寸を元に、ナカオさん指定の3.2mmの

鉄板で組み上げて頂いたもの。

 

中に看板の直方体FRPが入る状態に組んで頂いたものですので、溶接跡が

内側に残らないように(内側の角が直角にならないと入らない為)外から

点溶接してその後、丁寧に研磨してもらった実は隠れた力作。

 

 

内側はランプが備え付けできるようになっていて、この光がきれいに上方照射

出来るように白の錆止めを施しました。

 

 

こんな感じに入る予定です。

 

 

その後、このFRPの看板のベースから当店のロゴを入れてもらって

最終的にはこのような面一(鉄板の厚さと同じ厚さ)にFRPを盛りなおして

頂くというわけです。

 

その後、鉄板を錆びさせて蜜蠟でマットな錆色に仕上げ、電気配線を鉄管で

仕上げて完成というわけです。

 

ということで、今、ナカオタカシさんの所にまた送り返させて頂いている

ところです。

 

年末完成できるか・・??

年明け気持ちよくスタート出来るように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ冬の準備を。

すこーしづつ、風が冬に近付いてきた気がします。

 

なので、先日今年の冬に向けてメンテナンスをしてもらった

ストーブを2基。

 

 

もう、朝の店内は、結構寒いんです。

 

快適な室温で店内を整えておきます。